1:2016/09/11(日)11:39:06 ID:
穴水町の町立図書館が、地元の研究者から寄贈された歴史や民俗学などに関する1800冊あまりの図書を、価値をよく理解しないまま誤って廃棄していたことが分かり、町は本の寄贈者に謝罪しました。

穴水町立図書館では、11年前の平成17年に、漆器や民俗学の研究者で県輪島漆芸美術館の館長・四柳嘉章さんから2179冊の図書を寄贈されました。
しかし、9年前の能登半島地震で図書館の建物が大きな被害を受けたため、町は、すべての図書を役場の倉庫などにいったん移しました。
穴水町によりますとその後、新しく建てられた今の図書館に移設するまでに、当時の職員が寄贈された図書のうち1878冊を、利用頻度が低いなどという理由から廃棄したということです。

この際、職員は本の価値を理解しておらず寄贈者の四柳さんにも廃棄の相談や連絡をしていませんでした。
四柳さんによりますと、廃棄された図書の中には日本民俗学会の会員しか購入できない会報や、亡くなった妻が所有していた「芥川龍之介全集」の初版本など今では入手が困難なものも含まれていたということです。

ことし7月になって四柳さんが自分の寄贈した図書が見当たらないことに気付き、廃棄が発覚したということで、穴水町教育委員会は四柳さんに直接謝罪したほか、町の広報誌におわびの文章を掲載しました。
町では今後、パソコンによる図書の管理を徹底し、職員の教育を強化するなどして再発の防止に努めたいとしています。
2:2016/09/11(日)11:49:42 ID:
勝手に廃棄した職員の国籍確認が必要だな
3:2016/09/11(日)12:01:54 ID:
蔵書を好き勝手に破棄して身内が著書のサヨク書籍を入れるケースがあるらしいな
4:2016/09/11(日)12:03:51 ID:
日本の伝統歴史文化関連の書籍の破棄に熱心な左翼職員だったら故意になるからな
6:2016/09/11(日)12:08:37 ID:
貴重な本の寄贈先として町の図書館は適当ではないってだけの話だわな
そこに読まれない本を置く意味など無いし
7:2016/09/11(日)12:08:45 ID:
図書館的には、初版かどうかなんか関係ないだろ。
8:2016/09/11(日)12:30:42 ID:
地元だからって町立図書館に寄贈するのではなくて
その価値を理解できる個人・団体に手渡すべきだった
9:2016/09/11(日)12:39:34 ID:
廃棄と言いつつ古書店で換金してる可能性
10:2016/09/11(日)12:55:32 ID:
職員がおいしく頂きましたニダ
11:2016/09/11(日)13:09:02 ID:
そんな歴史資料廃棄しちゃいけないんだけどね。
文化庁は何してるんだろう。
どっかに、日本が歴史の古い国だと困る国があるらしいし。
日本の歴史的文献はどんどん排除されていく。
歴史的文献を焚書坑儒する国もあるしな
12:2016/09/11(日)13:12:10 ID:
図書館職員が古書の価値を知らない筈無いだろw
最近大きな買い物してないか調べてみろよ
13:2016/09/11(日)13:22:47 ID:
>>6
読まれる頻度が少ない本も置くのは、図書館の大事な仕事の内の一つだと思うんだが、なんでそれを理解していないんだろうね。

「今」読まれないものも、何年後かに資料として価値が高くなることはいくらでもある。
民俗学なら、一般人の日記すら、状況に、よっては一級品の資料として使われることがある。
文化の「保存」は重要な仕事だと認識して欲しい。
14:2016/09/11(日)13:33:23 ID:
だから、「利用頻度」を図書館の資料を評価する基準にしちゃダメなんだって。
15:2016/09/11(日)13:47:38 ID:
そんなことするから芥川龍之介、あんな顔になっちゃうんだよ
16:2016/09/11(日)13:48:28 ID:
>>13
町の図書館には不要
そういうのはもっと大きくて余裕のある図書館がやること
17:2016/09/11(日)13:48:29 ID:
本の価値を理解していない司書って…
18:2016/09/11(日)13:49:15 ID:

19:2016/09/11(日)14:24:42 ID:
>>16
価値観の違いだろ
利用頻度が低い図書の価値は低いという事なんだろ
20:2016/09/11(日)14:36:44 ID:
利用頻度が低いから不要というなら
堤防も自衛隊も安全保障も不要だということだ。アホすぎる

そういう赤字が当然で民間ができないけど
社会にとって必要な事業だからこそ
税金によって担うのが国というものなのにな

公共事業に収益性を求めるが如き理屈は端から論外だ
21:2016/09/11(日)14:42:28 ID:
図書館的には初版本とかどうでもいいだろ。そういう貴重なのは博物館にでも寄贈しろ

郷土史とかは重要だけど
22:2016/09/11(日)14:49:38 ID:
>>16
「選択と集中」とやらで、首都圏といくつかの大都市だけ残ればいいって考える人にとってはそうなんでしょうね。
国土を末端から壊死させていく亡国の道だと思うけど。
23:2016/09/11(日)15:00:44 ID:
図書館司書といえばパヨクだろ。

日本の大事な本なんか焚書の対象なだけ。
24:2016/09/11(日)15:09:26 ID:
古本屋とかに売ったんだろうな
その職員の口座とか調べてみた方がいい
25:2016/09/11(日)15:19:22 ID:
Amazonで売ってたら笑えるんだけどwww
26:2016/09/11(日)15:56:01 ID:
転売してるんやないか?
27:2016/09/11(日)16:12:36 ID:
>>26
その可能性はある
職員がやらずとも廃品回収がやってる可能性がある
いきなり燃やしたりシュレッダーはないだろうから
調べればでてくるかも
28:2016/09/11(日)16:37:30 ID:
古書の価値をあげようとしたのか、ラノベで盛り上げた時期あったが
失敗したかね?w
マニア以外はどうでもいいからな。
29:2016/09/11(日)17:00:10 ID:
源氏物語の原本とかあっても捨てそう
30:2016/09/11(日)17:03:33 ID:
そこまで古いのは博物館だろ。
31:2016/09/11(日)17:10:38 ID:
勝手に廃棄した!って怒ってる向きはまだ人がよい事だ


間違いなく転売して関係者の小遣い稼ぎになってる
32:2016/09/11(日)17:15:55 ID:
図書館の蔵書なら所蔵印が押してあるかも、その内に思わぬ所で発見されるんじゃないかな
33:2016/09/11(日)17:38:27 ID:
蔵書印が押してあっても買い取りしちゃうのか?
35:2016/09/11(日)18:39:27 ID:
>>33
全てとは言わないが買い取る店は有るだろ、盗品だと知らなければ善意の第三者だから、ただし買い叩かれるとは思うけど
36:2016/09/11(日)19:02:40 ID:
そういう場合は買い取る連中もグルでしょ
37:2016/09/11(日)19:12:11 ID:
>>16
民俗学とかなら、その地方独特の資料を尊ぶ。地域の歴史とか、各地方の図書館の仕事だと思うんだよな。
そのこと自体は価値観の違いだと思うから納得できなくてもよいが。

少なくとも「利用頻度が低い」だけだと捨てる理由にならないことだけは理解して欲しいもんだな。
38:2016/09/11(日)19:34:13 ID:
ガチで価値のある書物の寄贈は地域貢献の一種だからね
地元の図書館の価値を高めるために寄贈するのよね

でも日本を否定したがる左な司書は
日本の伝統や文化やらの面での価値があると分かるとむしろ故意に捨てるのが居るのがな

その手のリスクに付いては
左なマスコミは左翼のやらかしまともに報じないから
知らない爺さん婆さんが多い
39:2016/09/11(日)19:47:52 ID:
うわあ。勿体ない。
40:2016/09/11(日)21:03:20 ID:
価値が解らないんじゃ無くて、価値知ってて
どさくさに紛れて売っちゃったんだろ。
41:2016/09/11(日)21:18:33 ID:
ホームラン級のバカだろ此奴ら。

反省文は、原稿用紙10枚ぐらい書かせろ。
42:2016/09/11(日)21:21:10 ID:
板内に高齢毒ばばの図書館司書のスレあったよな。
そん中にも何人か書いてるのいるけど司書はアカい人多いよ。
43:2016/09/11(日)21:22:54 ID:
むしろアカくない役所を知りたい
44:2016/09/11(日)21:26:14 ID:
>>22
同館
45:2016/09/11(日)21:35:08 ID:
>>37
町の図書館にどれだけ行ったことがある?小さいんだよ本棚に余裕ないよ

もちろん利用頻度が全てではない、最新のベストセラーとか入れたらおかしい
初版とかどうでもいい、傷んだ初版より新しめの読みやすい再版
何度でも言うが町の図書館には合わないものだった
46:2016/09/11(日)21:41:50 ID:
>>45
だからといって捨てて良い良いわけには、ならない。
47:2016/09/11(日)21:50:50 ID:
>>46
じゃあもっと広いスペースと高度な知識を備えた司書や専門家を雇える給料寄越せって話になっちゃうんだが
48:2016/09/11(日)21:52:04 ID:
>>47
市でも県でも良いから他の図書館に送るとかやり方は、いろいろ有るだろ。
49:2016/09/11(日)21:52:15 ID:
>>47
売るなり他の活用してくれる機関に寄付するって手もあるんだがw
50:2016/09/11(日)21:53:24 ID:
>>47
当然そうするべきだろ
雇用の創出、購買力の増加
だからこそ売国政権はやらないんだけどな
51:2016/09/11(日)21:55:12 ID:
>>48
>>49
元の持ち主がそうするべきだったな
町の図書館に寄贈して後からぐだぐだ言ってもねえ、しかも第三者が
52:2016/09/11(日)21:56:03 ID:
>>50
言うからには出せよ
はよ寄付
53:2016/09/11(日)21:57:03 ID:
>>52
お前馬鹿じゃねーのwww
54:2016/09/11(日)21:57:06 ID:
>>52
バーカ
なんのために本来金融緩和してると思ってるんだよ
日銀引き受けの国債から出せばいいだけだろ
55:2016/09/11(日)21:58:45 ID:
うわ最低図書の価値がわからないものに図書を管理させられないわ
56:2016/09/11(日)21:59:20 ID:
>>53
>>54
あ…(察し)
57:2016/09/11(日)22:02:56 ID:
>>45
なら、大きい図書館へ寄贈するもんだろ。
私が一貫して言っているのは「破棄するな」だ。
そこで保管できないなら保管できるところへ頼め。

>>16で、あんたも、そう書いているじゃないか。大きい図書館の役目だって。
それとも>>16は本心じゃなくて、下手な擁護するためのデタラメ?

あとは、元々の持ち主に返すって手段もあった。
「破棄」はどうしようもなくなったときの手段。
58:2016/09/11(日)22:20:04 ID:
>>57
だがその裁量は図書館にあるよ
司書や図書館長の資格有無については知らないが貴重本に気付かないんだから司書の資格を持ってない可能性有るね
目録がどうなってたかも気になる
でもその程度なんだ町立図書館なんて悲しいけどね
善意の寄付本の取り扱いは全国の図書館で問題になってる死蔵されてる本も多いよ全部が理想的に展示なんて夢物語さ
図書館同士の繋がりがあればその大きい図書館への寄付が叶ったかもだけどそれもあんまり無いみたいなんだ
59:2016/09/11(日)22:39:19 ID:
資格持ってたってやるだろwアカい職種だしw
60:2016/09/11(日)22:45:00 ID:
これでまた、パヨチン団のバカが明らかになったな。
共産主義は、人類社会の価値を理解できない無能のみが騙される。
61:2016/09/11(日)23:17:47 ID:
町ぐるみの横領じゃないのか
古書を確認もせず捨てました。はいそうですか。
で済ませる方もおかしい
調査するのが当たり前だと思うんだけど
62:2016/09/11(日)23:22:15 ID:
売れそうな本を廃棄して
古本屋に売って代金ネコババしてんだよ。