コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:イラクを含む記事

1:2016/11/12(土) 06:24:54.03 ID:
浮気長友平愛梨浮気されてしまう。お相手はジャニーズ
国際親善試合のオマーン戦を前日に控えた10日、ハリルホジッチ監督(64)率いる日本代表は試合会場のカシマスタジアムで午後5時40分から約1時間、公式練習を行った。
この中に一人だけ離脱者がいた。インテル所属のDF長友佑都(30)が、「体調不良のために(宿泊先の)ホテルで大事を取って静養しています」(サッカー協会広報担当)というのだ。

長らく日本代表の主軸としてプレーしてきた長友だが、ここにきて完全に負のスパイラルに陥っている。
9月にW杯最終予選のUAE戦、タイ戦を控えていた8月下旬に右ふくらはぎを痛めて戦線離脱。

10月6日のイラク戦は温存され、11日のオーストラリア戦に万全のコンディションで出場する予定だったが、
今度は7日の練習中にDF槙野智章(29)にふっ飛ばされて脳震とう、チームを離れることになった。オマーン戦欠場なら「代表5試合連続プレーなし」の非常事態だ。

「悪いことは重なるもので、今回の代表スケジュールで帰国した2日前、長友の婚約者でタレントの平愛梨(31)がジャニーズタレントと都内の老舗高級うなぎ屋で“密会”しているところを激写され、オマーン戦当日の11日金曜日発行のフライデーに掲載されたのです。

平愛梨が『マリッジブルーに陥っている』など長友には気掛かりな記事になっており、フライデーを読んだら体調不良がいよいよ悪化するかもしれません」(サッカー記者)

所属のインテルでは、ピオリ新監督の就任が発表され、地元紙では「ナガトモの先発出場は難しい」と報じられている。長友が三重苦に陥っている。 

【【浮気】長友、平愛梨に浮気されてしまう。お相手はジャニーズwwwww【キス画像あり】】の続きを読む

1:2016/10/11(火) 22:14:38.83 ID:
【サッカーニュース】「香川真司スタメン、清武ベンチ 本田圭佑はガス欠」

先制点を奪って追い付かれる苦しい展開だったけど、結果としてアウェーでの勝点1。
最悪の結果とならなかったことは喜んでいいと思う。ただ、この試合で“アジアの盟主”の座から転落したことが浮き彫りとなった。
 
オーストラリアにボールを回され、押し込まれ、チャンスを作られる。なんとか引き分けとした事実が、日本がアジアの中でレベルが頭ひとつ抜けていた時期は終わったと示唆しているんだ。
 
ただ、2010年の南アフリカ・ワールドカップから主力がほとんど変わってないのだから当たり前と言えば当たり前。
本田圭佑らを退ける人材が育っていないことが問題で、その責任をヴァイッド・ハリルホジッチ監督のみに押し付けるのはお門違いだ。
 
それでも、選手起用を含めた采配には大きな疑問が残る。クラブで試合に出ていない選手たちが、なぜ“優遇”とも取れるプレータイムを与えられるのか。
欧州組の潜在能力が高いのは間違いないが、コンディションを考えれば90分間もピッチにいるなど、おかし過ぎる。
 
何を基準に清武弘嗣をスタメンから外し、香川真司が頭から出場しているのか。ハッキリ言って理解ができない。
イラク戦でキレを示したのであれば、まだ納得がいく。だが香川はベンチに座ったままだったじゃないか。

オーストラリア戦前の練習を見て、香川が調子を上げていて、清武が調子を落としていたから起用を決めたのだろうか。
だが、今日のパフォーマンスから考えれば、それも否定せざるを得ない。
 
香川は危険な存在となれず、清武は少ない出場時間でも相変わらず攻撃でアイデアを発揮していた。
もっと早くに交代カードを切るべきだったし、もっと言うのであれば、イラク戦で劇的な勝利を飾った勢いを生かす采配がどうしてできなかったのか。
 
きっとハリルホジッチ監督の眼には、清武のイラク戦の疲れがよっぽど抜け切っていないと映ったのだろう。
そうでないと、彼をわざわざベンチに置いて、さらに10分程度しかピッチに立たせなかった理由が現状の情報だけでは説明できない。
 
本田圭佑を1トップで使ったことだって同じだ。イラク戦で良いところがほぼなかった彼に何を期待して、本職を外してまで最前線に据えたのか。
原口元気のゴールをアシストしたが、トータルで考えた時に、本田に期待するFW像がピッチ上で表現されることは少なかった。 
>>2に続く
香川真司とは

兵庫県神戸市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ボルシア・ドルトムント所属。日本代表。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。
2006年セレッソ大阪と契約。2010年ボルシア・ドルトムントへ移籍。2012年マンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍。2014年ボルシア・ドルトムントへ復帰。

【【サッカー】香川真司、本田圭佑 オワコンwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2016/10/07(金) 00:27:56.22 ID:
【スポーツニュース】「オフサイドだった!」サッカー日本代表ロシアワールドカップイラク戦 イラク監督激怒!疑惑の判定に不満爆発

 日本代表は6日に行われたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選でイラク代表と対戦し、2-1で勝利した。ロスタイムまで同点という苦しい展開の中、山口蛍の劇的な決勝弾が決まり、勝ち点3を獲得している。2戦目のタイ戦に続く白星により、通算成績は2勝1敗となった。

 イラク代表を率いるラディ・スワディ監督は試合後の記者会見で選手たちをたたえつつ、判定への不満を口にした。

 冒頭、「とてもタフな試合でした。日本はとても強いチームで、ワールドカップにも出場しているチームです。我々もいい試合をしましたが、これから戦術などを見直していきたいと思います」と振り返ったが、その後はレフェリーへの苦言の連発だった。
 「今日はジャッジのせいではないかと思っています。ケガをした選手がいたのですが、その選手を主審が無視していました。最後の失点も審判のせいではないかと思っています。チームのミスではなく、ジャッジのミスということを強調したい」

 日本の決勝点が生まれた背景を、イラク代表指揮官はこう振り返っている。

 「我々の選手はケガをして外に出ていたのに、主審が『私は見なかった』と話している。選手たちが3人も話したのに……。ジャッジが振り向いてくれなかった。日本をサポートしているのではないかと思います。ジャッジのミスがいくつかありましたが、最後のところで明らかになりました。ロスタイム6分はとても長いと思います」

 日本代表の先制点の場面でもオフサイドに見えるシーンがあっただけに、イラク側としては納得できない試合となってしまったようだ。


【【サッカー日本代表】イラク激怒!疑惑の判定に不満【オフサイド判定検証画像動画あり】】の続きを読む

1:2016/09/06(火) 23:51:23.83 ID:
ロシアワールドカップ・アジア最終予選のタイ戦で、またも”中東の笛”が日本を襲った。

 被害者は森重だ。日本が1-0とリードした27分、ボールの空気圧が甘いと森重がアピールしたところ、イラン人のモフセン・トーキー主審は試合を止めて空気圧をチェック。数回、両手でボールを押して確認した後、問題ないと判断したのか、胸からイエローカードを取り出して森重に提示した。
 
 空気圧の確認を求めただけで警告を受けるのは前代未聞。納得できない森重は抗議したが、トーキー主審はまったく取り合わなかった。
 
 同主審は、不可解な判定でGK川島が一発退場となった11年1月のアジアカップ・シリア戦で笛を吹いていた主審。今回も疑問符が付く判定を下した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160906-00018688-sdigestw-socc
【【サッカー】<日本代表>森重が”中東の笛”の餌食に…ボールの空気圧の確認を求めただけで、まさかの警告!】の続きを読む
アクセスランキング