コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:パワハラを含む記事

1:2018/02/28(水) 18:29:20.63 ID:
パワハラ伊調馨が「次の大会を負けようかな」と苦悩していた 告発状を提出の弁護士が「グッディ」に新証言 
2016年のリオ五輪で4連覇を達成し、国民栄誉賞に輝いた女子レスリングの伊調馨(33)。
週刊文春の直撃取材に応じ、栄和人強化本部長(57)パワハラに対する複雑な心境を語った。

伊調栄和人氏の双方と親交の深いレスリング関係者が事情を明かす。

「栄さんは五輪3連覇で国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里をはじめ、計6人の金メダリストを輩出しています。
紛れもなく女子レスリング隆盛の立役者です。その圧倒的な実績を背景に強化本部長に君臨し、
レスリング協会で絶大な影響力を持つようになった。伊調への嫌がらせは2010年頃に始まり、
エスカレートするばかりです。このままでは東京五輪はとてもじゃないけど目指せない。本人もそう話しています」

1月18日、内閣府の公益認定等委員会に提出された1通の告発状。
そこに記されていたのは、協会の強化本部長である栄和人氏による伊調に対する“パワハラ”だった。
告発状が指摘する“パワハラ”は大きく分けて次の3点だ。
1つは伊調が師事する田南部力コーチ(42)に対する不当な圧力、2つ目は伊調の男子合宿への参加禁止、
そして最後は、彼女がリオ五輪まで練習拠点とした警視庁レスリングクラブへの“出禁”処分である。

この告発状を元に本誌は取材を進め、伊調を直撃すると、30分にわたり取材に応じた。

東京五輪が2年後に迫っているなか、5連覇に向け練習もままならない状況だという。
【【レスリング】伊調馨が「次の大会を負けようかな」と苦悩していた 告発状を提出の弁護士が「グッディ」に新証言】の続きを読む

1:2016/10/05(水) 06:10:24.37 ID:
 【犯罪ニュース】連続殺人「大口病院」元看護師が「事件の動機」を独占告白 【犯人は】

9月23日から27日にかけて、入院患者2人の中毒死が相次いで発覚した横浜市の大口病院。混乱はいまも続く。

大口病院は、ほかで見放された終末期の患者が、比較的安く入院できる病院です。近所の人が大口病院に入院すると、『ああ、あの人ももうだめか』と誰もが思っていた。大口病院前の道路は“霊柩車通り”と呼ばれ、亡くなる入院患者は常に多かった」

大口病院の近所に住む男性はそう語る。
事件が発覚した4階では、7月1日から9月20日までに48人が死亡しており、ほかにも犠牲者がいる可能性は高い。
未使用の点滴用の輸液に、消毒薬を混入させる犯行方法から、大口病院内部の人間に疑いの目が向けられている。

「亡くなられた患者さんには本当にお気の毒ですが、事件を知ったときは、ついに起きたか、と思いました。ここは、不満を持っている働き手がとにかく多かったので」

こう語るのは、大口病院にパート看護師として勤務した経験がある現役看護師、安藤宏子さん(40代、仮名)だ。

「もともと大口病院は、今のような終末期の病院ではなく、小児科、産科、泌尿器科が評判の総合病院でした。しかし1984年、大口駅の反対側に系列の大口東総合病院が出来て、終末医療とリハビリ中心の病院に転換。『大口病院は勤務環境が悪い。できれば東病院で働きたい』と、不満をもつ看護師が多かったのです。外来担当は看護師が20~30人、(今回事件が起きた)病棟担当はもう少し多かったけど、そのほとんどが准看護師でした。私もパートで、時給は1700円と、相場より安かった。パワハラも蔓延し、看護師不足が常態化していた。常にハローワークに求人をかけている状態でした。採血など初歩的なスキルさえ未熟な看護師もおり、ストレスで精神を病んだり、ほかの病院を解雇された看護師もいました」

大口病院に通院したことのある近隣住民はこう言う。

大口病院外来は待ち時間が少なく『穴場』だと評判でしたが、看護師の態度は、がさつで丁寧ではなかった」

患者が亡くなった4階のナースステーションには、使用前の点滴50本が箱に入れて置かれていた。
そのなかの10本の電解質輸液剤に、保護シールの上から、ゴム栓に注射針で刺したような穴が開いていた。
捜査関係者が語る。

「院内に防犯カメラがないため、犯行証明ができないでいる。ゴム手袋をしていれば指紋も残らない。そのため、大口病院関係者を取り調べても、本人が否定すれば、それ以上追及できないでいるのです」

事件発覚後、大口病院4階では患者は亡くなっていない。
48人のうち、いったい何人が「殺人点滴」犯人の毒牙にかけられたのだろうか。 

【【戦慄】連続殺人「大口病院」元看護師が「事件の動機」を独占告白【犯人】】の続きを読む
アクセスランキング