1:2016/09/14(水) 08:40:54.25 ID:
元乃木坂46の深川麻衣(25)が、田中麗奈(36)香里奈(32)高良健吾(28)らが所属する芸能事務所、テンカラットに所属していたことが13日、分かった。本格派の女優を目指して、再スタートを切る。

アイドル時代毎日のように着ていた乃木坂46の制服ではなく、落ち着いたロングスカート姿だ。 髪も切ってセミロングにした。「取材を受けることも久しぶりですね」。少し緊張気味にほほえんだ。

今年6月のグループ卒業時にはまだ進路が確定していなかったため、ファンに向けて芸能活動を続けることを伝えていなかった。
「やっと報告ができます」と喜んだ。

11年8月に乃木坂46に加入。シングルCD特典のプロモーションビデオや、乃木坂46内での舞台などを経験するうち、演技への興味がわいてきたという。

「一昨年くらいから、女優業を意識するようになりました。仕事の合間に映画を見て、ノートをつけるようにしていました。去年は60本を目標にして結局79本、これまでに100本以上は見ています」

今年1月、グループからの卒業を発表。スタッフらと卒業後の進路を相談していく中で、移籍先としてテンカラットが浮上。 「1人1人が輝くため、タレントに合ったマネジメントをしていく」という同事務所の方針も深川の意思と合致し、所属が決まった。 事務所の先輩たちに、憧れの女優も多かったという。

「香里奈さんは、映画『パレード』の陰のある演技がすごく好きです。華やかできれいなモデルさんとしてのイメージもあったので、意外でした。 田中麗奈さんの映画『東京マリーゴールド』も好き。先輩方のように、いろいろな表情を見せられるようになりたいです」

乃木坂46時代は、柔らかい人柄と癒やし系の笑顔でファンやメンバーから「聖母」と呼ばれた。今は「型にはまらず、波瀾(はらん)万丈な人生を送る役もやってみたい。朝ドラのような、歴史の背景があって、昔の暮らしを表現する役にも興味があります」と幅広い意欲を示している。

乃木坂46で選抜常連だった人気メンバーが卒業したのは初めて。注目されていた進路も決まり、目標も定まった。本格的に女優を目指す25歳の再スタートは、希望に満ちている。 
【【芸能】 元乃木坂46 深川麻衣が移籍、田中麗奈らが所属する事務所で本格女優にwwwwww】の続きを読む