コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:漫画ニュースを含む記事

1:2016/10/15(土)08:22:35 ID:
【漫画ニュース】ニセコイの作者の新作、安定のゴミ
315 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい@\(^o^)/ (スフッ Sd4f-CBY+)[sage] 投稿日:2016/10/15(土) 01:41:24.30 ID:i+MOCdkPd.net
刻ドキの全画バレ来てるな
ヒロインは特殊な病気で心臓の鼓動の残り回数が決まってて鼓動が早くなるようなことをしなくてもあと6~7年で死んでしまう

主人公「どうせ残り少ない命なら寿命縮んでもいいからドキドキするようなことして楽しもうぜ」
的な安定の基地外ストーリーだった

この作者はサイコパスか何か?


ニセコイとは
古味直志による漫画作品。読み切りが『少年ジャンプNEXT!』2011 WINTERに掲載された後、『週刊少年ジャンプ』(集英社)2011年48号から2016年36・37合併号まで連載された。
男子高校生の一条楽を主人公とする、主に高校を舞台としたラブコメディ漫画。近年珍しい「ベタ」で王道な作風とされている。
10年前、一条楽は一人の少女と出会う。短い時間だったが、2人の間には幼いながらも愛情のようなものが芽生えていた。そして少女との別れの時、彼女は「ザクシャ イン ラブ Zawsze in love」(愛を永遠に)の言葉と共に楽に錠を渡し、「いつか私達が大きくなって再会したらこの『鍵』でその中の物を取り出すから、そしたら――結婚しよう」と約束する。
錠が開かないまま時が過ぎて10年後、高校生になった楽は転校生の少女・桐崎千棘と出会う。最悪な出会いの後、親のいいつけで「千棘と3年間、偽の恋人同士になってもらう」ことになり、驚愕する楽。こうして2人の「ニセコイ」生活が始まった。しかし千棘との付き合いの中で「もしかしたら、彼女が『約束の女の子』なのでは?」と感じるようになるのだが、楽のクラスメート・小野寺小咲もかつて知り合った少年との間に「約束の鍵」を持っており、彼女にとっての「約束の男の子=楽」かもしれないと感じるようになる。途中からは、鍵を持つ三人目の少女・橘万里花が、さらにこれまでの三人と同じく鍵を持つ、楽の幼なじみ・奏倉羽も登場する。更に2年生に進級すると、小咲の妹である春、誠士郎の旧友ポーラなどが加わった。


古味直志とは
1986年3月28日生まれの30歳。日本の漫画家。高知県高岡郡津野町出身。男性。専門学校アートカレッジ神戸卒業。
小さいころから絵が得意で漫画を描くことが大好きだったという。特に『ダブルアーツ』は小学校の頃から「連載用」に構想を温めていた。高校では美術部に入部、高校卒業後は専門学校アートカレッジ神戸まんが学科に進学した。在学中、週刊少年ジャンプ編集部に持ち込みをしており、当時から編集者たちに目をかけられていた。
第39回(2006年6月期)ジャンプ十二傑新人漫画賞に読切『island』を投稿し、史上2人目となる準入選を受賞する。『island』は『赤マルジャンプ』(集英社)2007 WINTERに掲載され漫画家デビューを果たした。『週刊少年ジャンプ』(集英社)2007年20号に読切『恋の神様』を掲載。『週刊少年ジャンプ』2008年17号から41号まで『ダブルアーツ』を初連載。また、連載開始と同時に高知を離れ上京する。
ダブルアーツ完結後は連載が獲得できない時期が続いたが、『恋の神様』を掲載した経験から、編集者がラブコメディを描くことを勧める。それを受けて古味はラブコメディ読切『ニセコイ』を『少年ジャンプNEXT!』(集英社)2011 WINTERに掲載する。この読切が好評だったため、『週刊少年ジャンプ』2011年48号から『ニセコイ』の連載をスタートする。この作品はテレビアニメ化をはじめ、様々なメディアミックスが行われるヒット作となった。


【【悲報】ニセコイの作者の新作、安定のゴミwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1:2016/10/10(月) 17:09:11.64 ID:
漫画ニュース【不倫】漫画家・浦沢直樹がラブホW不倫【ラブホテル画像あり】
 8月10日の昼下がり、原宿の整体院『H』に現れたのはラフなファッションの男性。漫画家の浦沢直樹だ。座り仕事で固まってしまった身体をほぐしにきたのだろう。

 「『BILLY BAT』の連載が終わった時期ですね。9年間も続いていましたから、疲れもたまっていたんでしょう」(コミック誌編集者)

 施術を終えると浦沢直樹は近くのスポーツショップへ。しばらくすると黒髪の女性が現れ、慣れた様子で彼のカバンを持つ。

 すると浦沢直樹は、空いた両手でメガネをはずしてニットキャップをかぶって変装をした。

 人目をはばかる理由があるのだろうか。ふたりはスープカレー店『S』に入って遅めのランチ。この日は別々に帰っていったが、浦沢直樹に関して昨年末ごろから奇怪な噂がささやかれていた。

 「頻繁に同じ女性と会っているのを見かけたというんです。もちろん奥さんではなく、出版業界の人間だという話でした」(別のコミック誌編集者)

『YAWARA!』『20世紀少年』ほかヒット作連発の浦沢直樹


 浦沢直樹はコミックの売り上げが累計1億部を突破した売れっ子漫画家である。『YAWARA!』『MASTERキートン』などの人気作品を連発し、“現代の手塚治虫”とも呼ばれているほどだ。

 「手塚治虫文化賞で大賞を2度獲得しているのは彼だけ。NHK Eテレで『浦沢直樹の漫勉』という番組のホストを務めていて、彼の才能は誰もが認めています。『20世紀少年』は映画化もされ、3部作合計で110億円という興行収入を記録しました。音楽に詳しくてCDを発売するなど、マルチな才能を発揮しています」(前出・コミック誌編集者)

 ヒット作を生み続ける天才漫画家は、8月22日に下北沢のイベントに出席した後タクシーで目黒へ。午後7時過ぎにイタリアンレストラン『T』にひとりで入店した。そこに現れたのは、原宿で一緒に昼食を楽しんだ女性だった。

 「女性のほうは敬語で、浦沢さんはタメ口で話していました」(居合わせた客)

 雨が降る中、店を後にすると浦沢直樹のさす傘に身を寄せ合う。コンビニで傘を購入すると、ふたりは別々に歩きだした。

 8時過ぎに女性はひとりでラブホテル『E』の中へ。1分ほど後に浦沢も入っていく。3時間ほどすると今度は浦沢直樹が先に出て、1分後に女性が姿を現した。

 ホテルから離れると再び合流して一緒に歩き、大通りでタクシーを拾うと別々に帰路についた。

 「その女性は、大手出版社に勤務する50代前半のAさん。数年前、雑誌の企画を通じて、浦沢直樹先生と接点ができたそうです。今は編集からは離れていますが、仕事のできる人ですから、漫画家や作家との付き合いは続いているようですね」(Aさんの知人)

8月22日の夕食を終えたふたりの行動。まずはコンビニに向かい(左)、Aさんが先にラブホテル『E』の中へ。間髪入れずに浦沢直樹も中へ(右)

約3時間後、今度は先に浦沢直樹がホテルを後にし、すぐAさんが続く。ホテルから少し離れて、ふたりは再び肩を並べて大通りへと歩き出した


 有能な編集者に信頼を寄せるのはいいが、浦沢直樹には妻と娘がいる。そして、Aさんにも家庭があるという。

 「同じ会社に旦那さんがいます。お子さんはいないそうですね。旦那さんは彼女より年下ですが、仕事ぶりは高く評価されているようですよ」(前出・Aさんの知人)

 ふたりの密会は、この後も続く。9月18日の午後7時前、浦沢はひとりで渋谷のラブホテル『I』へ。数分後にAさんが同じホテルに入った。

 3時間後には、また時間差で外へ。そのときの浦沢は、マスクをつけて帽子をかぶっての厳重な変装。3日後には中華料理店でディナーと、同じ週に2度の逢瀬を楽しんだ。
【【またゲス不倫!】漫画家・浦沢直樹がラブホW不倫【ラブホテル画像あり】】の続きを読む
アクセスランキング