コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:羽生結弦を含む記事

1:2018/04/16(月) 09:21:19.20 ID:
羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうとした」
 平昌五輪のフィギュアスケート男子で66年ぶりの五輪2連覇を成し遂げた羽生結弦(23)=ANA=が15日、
東京都調布市の武蔵野の森総合スポーツプラザで行われた凱旋報告会にあたるイベントで、自身がプロデュースしたアイスショー
「Continues ~with Wings~(コンティニューズ ウィズ ウイングス)」の最終日に出演。
CSテレ朝チャンネルで生中継された。

 羽生結弦自身が競技生活の中で影響を受けたトリノ五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコらそうそうたるメンバーが出演。
羽生結弦自身もトーク、質問コーナーや、右足首の故障明けでリハビリ中のため、ジャンプこそ跳べないものの、
スピンとステップのみの演技を披露し、会場を盛り上げた。

 この日は2011-12年シーズンに滑った「ロミオとジュリエット」をチョイスした。12年ニース世界選手権で足の負傷を抱えながら魂の演技を披露し、銅メダルを獲得した“伝説”のプログラム。「このプログラムで好きになった人?」と会場に聞くと、大きな声援が。
「平昌で落ちた人?ソチで落ちた人?おー、ソチはやっぱり多いな。ジュニアからの人?ノービスからはいないかな?」と、ノリノリで会場を煽った。最後には平昌五輪で金メダルを獲得したフリー「SEIMEI」。「次会うときはジャンプ跳んでるからな!僕の生命を懸けたSEIMEIです」と話し、全力の滑りを見せた。

 フィナーレでは「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」と激白。
「でも、でもね、本当にみんなこうやっていっぱい応援してくれるし、何より僕が幸せなのは、自分が憧れてる方々がみんな、
自分にメッセージをくれて、“ゆづは大丈夫だよ”ってコメントくれて、本当にありがたかったし、スケートやっててよかったって。
本当に今は生きててよかったって、本当に思ってます」と、周囲やファンに感謝していた。
客席に手を振る羽生結弦=13日、都内
 
羽生結弦=4月13日撮影
 
【羽生結弦が激白「週刊誌の問題があって、何回も死のうとした!!!!】の続きを読む

1:2018/02/19(月) 15:45:44.79 ID:
【平昌五輪】羽生結弦が吐露「ほんとの気持ちは嫌われたくない」(TT)
 平昌五輪のフィギュアスケート男子66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(23=ANA)が18日、平昌のジャパンハウスで一夜明けの会見を行った。

 会見では「スケートをやめる気はない」とあらためて現役続行を宣言。「モチベーションは、アクセルだけ」と次の夢、前人未到のクワッド・アクセル
(4回転半ジャンプ)への意欲をあらためて語った。

 会見の最後は、自分のこれからについて率直な思いを語って締めた。

 「こうやって、スケート滑れて本当に幸せです。五輪マークがあって。こんなにたくさんの方々に応援してもらえて。ほんとのほんとの気持ちは、
嫌われたくない、って、すごい思うし。いろんな方に見られれば見られるほど、いろんなことをしゃべればしゃべるほど嫌われるし、いろんなこと書かれるし、
うそみたいな記事がたぶんこれからもっともっと出てくるんだろうなって思います。ただ、僕がしゃべったこと、僕が作ってきた歴史は、何一つ変わらない。
自分の中で、今回は誇りをもって五輪の金メダリストになれた。これからの人生、五輪の金メダリストとしてまっとうしたいと思います」。

日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/m/olympic/pyeongchang2018/figureskate/news/201802180000443_m.html?mode=all
男子フリーから一夜明け、笑顔で会見に臨んだ羽生結弦(撮影・河野匠)

【【平昌五輪】羽生結弦が吐露「ほんとの気持ちは嫌われたくない」(TT)】の続きを読む

1:2016/11/26(土) 21:22:42.53 ID:
◇フィギュアスケートGPシリーズ最終戦、NHK杯男子フリー(2016年11月26日 札幌・真駒内セキスイハイムアリーナ)羽生結弦連覇、4回転ループ国内初成功で300点超え!4連覇懸かるファイナル進出

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終戦、NHK杯第2日は26日、札幌市真駒内セキスイハイムアイスアリーナで男子のフリーが行われ、25日の男子ショートプログラム(SP)で首位に立った羽生結弦(21=ANA)はフリー197・58点、合計301・47点として今季最高得点をマーク。
大会連覇を達成して史上初の4連覇が懸かる12月のGPファイナル(マルセイユ)進出が決まった。

今季世界最高の103・89点をマークした羽生結弦。前日のSPでは着氷時にバランスを崩した冒頭の4回転ループを見事に決め、10月のオータム・クラシックで世界で初めて決めた大技の国内初成功となった。続く4回転サルコーも見事な着氷。

羽生結弦は後半最初の4回転は転倒するも、最後の4回転トーループは成功した。
4回転ジャンプを4つ組み込んだタフなプログラムだったが、ラストまで躍動感あふれる演技を見せた羽生結弦

田中刑事(22=岡山・倉敷芸術科学大)はフリー167・95点で自己ベストを更新。合計248・44点で3位に入った。
日野龍樹(21=中京大)はフリー134・65点で合計207・15点だった。

写真  羽生結弦
【【フィギュア】NHK杯男子フリー羽生結弦連覇、4回転ループ国内初成功で300点超え!4連覇懸かるファイナル進出】の続きを読む

1:2016/10/01(土) 12:13:16.17 ID:
【スポーツニュース】フィギュアスケートオータムクラシックは9月30日(日本時間10月1日)、カナダのモントリオールで行われ、今季初戦となるソチ五輪金メダリストの羽生結弦(21=ANA)が男子ショートプログラム(SP)で史上初の4回転ループを成功させ、88・30点で首位に立った。

 白を基調とした衣装を初披露。米人気ロック歌手、プリンスさんの人気曲「レッツ・ゴー・クレイジー」のアップテンポの曲調に乗り、冒頭で今季から取り入れた4回転ループに挑戦。

決まれば世界初となる大技を成功させると、コンビネーションでは前半の4回転サルコーが抜けて1回転に、後半の3回転では転倒したが、最後の3回転半を華麗に決めてみせた。演技後は納得がいかなかったのか、転倒した場所に戻って悔しげな表情。それでも2位に8・78点差をつけてのトップ発進となった。
【【炎上】羽生結弦4回転ループ成功もキムヨナ扱いwwwwwwwwwwwww【動画あり】】の続きを読む
アクセスランキング