コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:ASKAを含む記事

1:2017/04/13(木) 09:44:37.15 ID:
清原】ASKAの運転手だった後見人親友Aさんの急死で清原和博氏がいよいよヤバイ!薬物治療も放棄!
「いよいよ、ヤバイ状況になってきた」

そうこぼすのは、芸能関係者だ。2016年6月に覚醒剤取締法違反で懲役2年6月(執行猶予4年)の有罪判決が確定した元プロ野球選手の清原和博氏が失意のドン底にいる。「後見人」「弟分」と呼ばれた男性Aさん(43)が4月8日に都内で“謎の死”を遂げたのだ。

Aさんは東京・六本木で飲食店を経営。16年3月に清原氏が保釈された際は、自ら車で出迎え、千葉の病院まで送り届けた。病院に集まった報道陣に焼肉弁当をふるまったのも、同氏だった。前出関係者によれば「Aさんは清原の大ファンで、逮捕前はプライベートの運転手も務めていた。清原の面倒を見ていたのはAさんで、一緒にゴルフや国内旅行に出掛けていた。逮捕後、それまで親しかった人が清原の元を離れていくなか、Aさんは変わらず交遊を続けていた。清原は『親友はアイツだけや』と公言していた」という。

Aさんの死因については不明だが、遺体は司法解剖に回されたという。スポーツ紙記者は「持病が悪化し容態が急変したという話もあるが、プライベートで女性トラブルを抱え『死んでやる!』とわめいていたという情報もある。当局は自殺の線も含めて捜査している」と話す。

親友の急死に清原は意気消沈。Aさんの出身地である愛知県稲沢市で11日午後8時に営まれた葬儀に参列したものの、目はおぼろげで、マスコミの取材には「あまりのショックに言葉が出ません」と力なく答えるのがやっとだった。

清原は薬物依存を断ち切るため、地元大阪の病院に入院していたが、昨年末までに都内に移住。“完治”したわけではなく「入院生活に飽きてしまったというのが正直なところ」とは関係者。 その後はAさんらと派手に飲み歩く姿も目撃されていた。

「持病の糖尿病も悪化し、即入院レベルのようです。薬物治療も途中で投げ出してしまった。これまではギリギリのところでAさんが手綱を引っ張っていたが、彼もいなくなってしまった。もともとメンタルの弱い清原だけに、自暴自棄にならないか心配です」とは前出の芸能関係者。

現在は何をしでかすかわからない清原を格闘技関係者が“保護”しているという。現実逃避のために、再び薬物に手を出さなければいいが…。

【【清原】ASKAの運転手だった後見人親友Aさんの急死で清原和博氏がいよいよヤバイ!【画像あり】】の続きを読む

1:2016/11/29(火) 14:33:57.10 ID:
ギフハブ】ASKA容疑者,ギフハブという組織に監視されていた!!!!!【ミヤネ屋動画あり】
11月29日(火)の『情報ライブ ミヤネ屋』が逮捕前のASKA容疑者に生電話でインタビューした様子を放送した。

番組はブログで名指しされた経緯を説明して、放送終了後の午後4時ごろに生電話で、薬物の使用について質問。

電話に出たASKAは「「ビックリですよ!僕、寝てたんですよ。電話がバンバン入るんで、何だろうと思っていたら『テレビ見て!』って。」と薬物の使用を否定。

さらに「ギフハブっていう組織に監視(盗撮&盗聴)されている」と告白。組織について「携帯の中にアプリが埋め込められていたんですよ。証拠も取ってある。ARっていう仮想現実なんですけど、僕のいるところを映したりして…。それに気付いたの僕が初めてじゃないかと思うんですよね。ものすごい今、日本で」と組織が盗撮&盗聴で日本全体を監視しているという被害を告白。

宮根と井上公造はASKAの陰謀論について困惑している様子だった。



【【ギフハブ】ASKA容疑者,ギフハブという組織に監視されていた!!!!!【ミヤネ屋動画あり】】の続きを読む

1:2016/11/28(月) 14:50:14.74 ID:
歌手のASKA元被告(58)が、覚せい剤使用の容疑で逮捕される見込みであることが28日、分かった。

 ASKA元被告は覚せい剤取締法違反(所持、使用)罪で2014年9月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。

 今年7月22日には、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に直撃取材された模様が放送された。

 ASKA元被告の姿がテレビで放映されるのは14年7月に保釈されて以来、2年ぶり。新しく開設された、本人とみられる1カ月間限定ブログについて「しています」と自ら更新していることを認めた。

歌手活動を再開するか聞かれると「ありがとうございます。頑張ります」と応じた。昨年には激太りした姿が週刊誌にキャッチされたが、頬はこけ、痩せた印象だった。
 
 
速報後にブログが更新され、否定をつづけるASKAのブログ↑
【【逮捕】歌手のASKA元被告覚せい剤使用容疑で逮捕【ブログ更新中画像あり】】の続きを読む

1:2016/10/08(土) 22:52:52.60 ID:
【話題ニュース】
2014年9月に覚せい剤取締法違反罪などに問われ、懲役3年、執行猶予4年(求刑懲役3年)の判決を受けたCHAGE and ASKAASKAが新たに開設したとみられるブログがにわかに話題となっている。
以下ブログより
-----------------------------------
元文春の中村竜太郎の書いた「SCOOP!」を読んでる途中です。
2016-10-06

今、中村竜太郎の出版した「SCOOP!」を、読んでる途中ですが、これ以上、読む気が起こらないぐらい嘘で固められた内容になっています。
あの時、文春が書いた嘘だらけの記事を正当化するための本のようです。

中村竜太郎は、また暴力団と接点を持ったようです。
だいたい、暴力団と接点を持っても、僕の話は出てきません。
そこいらのチンピラの立てた噂話を、あそこまでの内容にする筆力は認めますが、所詮、作り事です。

僕の情報を掴んだ瞬間の、文春内でのざわめきだった光景を描写していますが、漫画だと思って読んで下さい。
「100人近くの取材を行った」
僕は、そんなに敵は居ない方なので、それがもし本当であれば、
「文春が聞き込みをやってるよ。」
と、伝えて来る人間がひとりくらいいるでしょう。

文春は、暴力団からネタを買ったのです。
僕は、暴力団員と知り合ってしまっただけで、付き合いはありません。
最初、警察もそのような発表をしましたが、そうではなかった事実を確認しましたので、以後、暴力団という発言は立ち消えました。

暴力団と密接な繋がりがあるのは文春なのです。
「知人から情報を得た」
暴力団関係者のことです。
文春は何をやっても無駄です。
こちらには、文春と暴力団が繋がっている証拠の記録があるのです。

僕、会社の前社長、弁護士の3人が、同じものを持っています。
この本を読んで「700番」に、継ぎ足しの文章が必要となりました。
僕の書くことは、全部本当のことです。
文春は、世間の前で、
「ごめんなさい・・・。」
を、しなくてはならなくなるでしょう。

「SCOOP!」を、読まれておくと、僕の出版する「700番」が、一層楽しく読めると思います。
とにかく「SCOOP!」は、漫画です。
穴ぼこだらけです。

さて、続きをメモりながら読みましょうかね。
何でメモってる?
さあ、なんでしょう。

桃太郎は、鬼ヶ島に、キジと犬と猿を連れて鬼退治に行きました。
完勝だったですよね。
鬼は、退治しなくてはなりません。
中村竜太郎とは
中村竜太郎さんは、元週刊文春記者でいち早くASKAの薬物使用をスクープした記者として有名。
大学卒業後アパレルメーカーに入社後、光文社『女性自身』記者を経て、1995年から文藝春秋『週刊文春』記者となる。以来20年間、政治・経済・スポーツ・芸能・皇室など多岐にわたる特集記事(ニュース)を担当。2014年11月からフリーになった。
現在、『週刊文春』、月刊『文藝春秋 (雑誌)』、『Forbes Japan』などで執筆中。
「NHK紅白プロデューサーが制作費8000万円を横領していた!」などで「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の大賞を3回受賞、ほかにも同賞のスクープ賞2回、企画賞1回を受賞している。
また、「ASKA逮捕!」で第46回「大宅壮一ノンフィクション賞」候補となった。
wikiより

【【衝撃】ASKA「嘘つきで暴力団と密接なクズ出版社文春を成敗する」!!!!】の続きを読む

1:2016/09/15(木)15:27:17 ID:
【病気ニュース】
統合失調症
皆さんの知識や日常のなにかしらの足しになれたなら嬉しい。
珍し伊病気ではないし、一方的にかくのもどうかと思うので、知りたい事があればぜひこの機会に。


統合失調症とは
統合失調症は、およそ100人に1人弱がかかる頻度の高い病気です。「普通の話も通じなくなる」「不治の病」という誤ったイメージがありますが、こころの働きの多くの部分は保たれ、多くの患者さんが回復していきます。
高血圧や糖尿病などの生活習慣病と同じように、早期発見や早期治療、薬物療法と本人・家族の協力の組み合わせ、再発予防のための治療の継続が大切です。脳の構造や働きの微妙な異常が原因と考えられるようになってきています。
【ASKAもなった!!?統合失調症になったので質問受け付けるwwwwwwww】の続きを読む
アクセスランキング