コメントするたび木が育ちます。ニュースまとめサイト

キーワード:沢尻エリカを含む記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 木になる名無しさん 2022/04/11(月) 00:30:49.84 ID:CAP_USER9
ガーシーch】新田真剣佑沢尻エリカのキ○セクを暴露!!!!【物疑惑検証】
body_115506.jpeg

元アパレル会社社長の東谷義和氏(50)が新たに暴露した。ガーシーは10日にYouTubeで生配信を行い「爆弾は新田真剣佑です。量が多いので今日は前編、後編は木曜日にやります。今日はステマと脱税、女性関係。付き合って来た女性と今の彼女。木曜日は女性に対する暴行、反社との付き合いをやります」と発言。

「僕が新田真剣佑と出会ったのは2017年8月7日、麻布十番ににあるバー。紹介者はRADWIMPS桑原彰。新田真剣佑は『トップコートの給料が安いからステマをやりたい』と。一番初めに振ったのが『アースウォーター』という水で、その後が『アミノメゾン』というシャンプーとサプリメント。『Speed小顔』に『花キューピット』など…かなりのステマをアテンドした」と暴露した。

東谷氏は「『花キューピット』はイベントに連れて行ったことに関してはステマです。広告はトップコートを通してやりました。この時のギャラは丸々トップコートには入っていない。渡す前に新田真剣佑が『直接欲しい』と。個人事務所に振り込みました。全部証拠残ってます。これに関してはトップコートは知らないです。普通の広告でも中抜きしてます」とも説明。

「ステマは7~8割を現金で渡してます。単価はInstagramのストーリーでも100~150万円ぐらいまで上がりました。毎回現金で渡してました。真剣佑は家の金庫にしまってます。1円たりとも納税していない。数千万から億に近い金額になってる」と語った。

東谷氏は他にも「新田真剣佑に初めて『彼女です』と紹介されたのは大原櫻子です。谷川菜奈の後に付き合ったのが元NMB48の村瀬紗英。大阪の彼女だと言ってました。彼女が東京に出てくるとすごくウザがってました。真剣佑は結局別れようとしたけど、紗英は別れてくれず、真剣佑は無視するという手法を取った。で、紗英も諦めた」と説明。

「真剣佑が谷川菜奈か誰かと付き合ってる時に、僕が真剣佑と飲んでて俺が『送るよ』と言ったら『六本木のハイアットに寄って欲しい。ある女性に呼ばれている。エッチして大丈夫かな?沢尻エリカ』と言われて。僕は新田真剣佑を沢尻エリカが泊まってるホテルまで送りました」と明かした。

東谷氏は「僕は新田真剣佑沢尻エリカが泊まってるホテルまで送りました。その後すぐぐらいなんですよ、沢尻エリカが大麻で捕まったのは。彼女が仲良かった人から『彼女は基本的に草なりをやってる』と聞いた」とも説明。

「その後、あるアーティストから『新田真剣佑やってへん?俺知り合いがマトリにいて、捜査対象に新田真剣佑の名前が出ている』と連絡が来たんですよ。沢尻エリカといたからだと僕は思った」と語った。

東谷氏は他にも「これに関しては憶測ですけど、沢尻エリカと関わりのある人間から聞くと、そういう行為をするときにそういうものを使っていると聞いたので…。ただ、真剣佑を沢尻エリカのところに送り届けて、真剣佑が沢尻エリカと関係を持ったのは事実」と発言。

「島崎遥香とも付き合ってたらしいです。女性側から聞きました。ぱるるに『私と真剣佑付き合ってるの知ってた?』と急に言われた。真剣佑に確認したら『ああごめん、ガーシーに紹介してもらったんだよね。言うの忘れてた』と。そういう人間なんですよ。でもすぐ別れたらしい」と暴露している。

東谷氏はこれまでに「真剣佑、お前頼む人間違えたらあかんで。お前のことについて言ってきてるグレーな人たちは、お前に頼まれたと連絡が来てるからね。もうちょっと賢く生きないと、俺が全部晒した時に、手のひら返されんのお前やで。その時に黒い交際してると足元すくわれんぞ」と暴露。


【【ガーシーch】新田真剣佑と沢尻エリカのキ○セクを暴露!!!!【薬物疑惑検証】】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1:2016/11/01(火) 17:06:25.04 ID:
【逮捕】高樹沙耶容疑者逮捕で怯える麻薬中毒者、大物芸能人からベストセラー作家まで…芋づる式で次に逮捕されるのはこの6人!!!
大麻取締法違反(所持)の現行犯で逮捕された元女優、高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)。

捜査関係者によると、かねてから重要人物としてマークされていたという。

実のところ、重要人物は、この元女優に限らない。大麻はおろか、覚醒剤など違法薬物の常習者として捜査当局が追う芸能・有名人は少なくなく、夕刊フジが取材でつかんだだけでも6人にのぼる。次に挙げられるのはコイツらだ。

 参院選で訴えた公約「医療用大麻の解禁」が笑わせる。政治の力で合法にし、大手を振って吸おうとでも思っていたのか。そうならあまりに短絡的で愚かとしかいいようがない。

 厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部などの合同捜査本部が10月25日、高樹容疑者が同居人の男2人と暮らす沖縄県・石垣島の自宅を急襲した際、乾燥大麻数十グラム、使用済みなどの吸引用パイプが10本以上出てきたという。

 乾燥大麻は数十回吸引できる多さで、葉の部分より幻覚性の高い花の部分が含まれていた。花の部分は乱用者が使うとされ、高樹容疑者の常習性が疑われている。

 元プロ野球選手の清原和博氏、元俳優の高知東生氏が覚醒剤事件で相次いで逮捕されるなど、有名人の薬物事件は後を絶たない。

 いずれも警察、麻薬取締部がそれぞれリスト化してマークしていた人物で、高樹容疑者もその中に含まれていた。それらのリストに載る芸能・有名人は、夕刊フジがつかんだだけでも6人を数える。

 警察が証拠を押さえ、逮捕のタイミングを計っているというのが、大物芸能人のAだ。ヤクザ映画に出演し、コワモテの一面もあるが、一般的には爽やかなイメージで通っている。「最近、妙な言動と行動が目立って危なっかしい」と関係者も気が気でないようだ。

 俳優Bは、海外の大物が手がける作品に出演するなど絶好調だが、芸能プロ幹部は「業界内で『奇抜な発言を考えると、やはり』という見方が強い」と話す。ミュージシャンとしても活動し、「CDのジャケットが妙にサイケデリック調なところも気になる」と打ち明ける。

 1990年代から活動する人気女性歌手Cは、関係者が過去、大麻所持で逮捕された。広告代理店関係者は「一時、彼女が急に太りだしたことがある。大麻は食欲を増進させると噂されているので、『あやしい』ともっぱらの評判だった」と振り返った。

 実力派女優Dは数年前、一部で「尿検査で陽性反応が出た」と断定的に報道された。そのころ、Dを張り込んでいたカメラマンは「パーティーから出てくると、ヘラヘラとおかしな笑いを浮かべていたのを強烈に覚えている」と明かす。

 大麻の吸引時を撮られた写真があるとされるのは、ベストセラー作家のE。仮にEが逮捕されることがあれば、衝撃は先の大物芸能人どころではない。若者に人気のミュージシャンFは、音楽仲間が薬物事件で逮捕された際、捜査当局を批判し、「いまも大麻に対する認識が改まっているとは思えない」と音楽関係者は危ぶむ。

 体をむしばむどころか、社会をもむしばむ違法薬物。捜査関係者は「社会にその恐ろしさを知らしめるためにも、(リストに載る)薬物常習者を絶対、逮捕に持っていく」と意気込む。心当たりのある者にとって寝覚めの悪い日が続く。
【【逮捕】高樹沙耶容疑者逮捕で怯える麻薬中毒者、大物芸能人からベストセラー作家まで…芋づる式で次に逮捕されるのはこの6人!!!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1:2016/05/15(日) 19:22:50.89 ID:
「しくじり先生俺みたいになるな!! 」に出演して欲しい有名人について語ろう 
【【話題】「しくじり先生」に出演して欲しい有名人】の続きを読む
アクセスランキング